4Dの概説

Drought 干ばつ

干ばつ

干ばつ

干ばつとは、通常、雨季のなかの長期間に渡る降水量の減少の結果として、水域・土壌・植物(農作物を含む)などに生じる一連の現象である。干ばつは、対象とする現象によって、気象干ばつ、水文干ばつ、農業干ばつ、社会経済干ばつなどと別々に定義され、ひとつに統一された定義は存在しない。干ばつを狭義に自然科学的現象として捉え、社会的現象をさす飢饉と使い分けることがある。一方で、干ばつを社会経済学的側面をも含めて広義に定義し、社会経済干ばつとよぶことがある。

参考文献

National   Drought   Mitigation   Center:   What   is   Drought?
http://drought.unl.edu/DroughtBasics/WhatisDrought.aspx

篠田雅人・森永由紀: モンゴル国における気象災害の早期警戒システムの構築に向けて. 地理学評論, 78, 928-950, 2005.


Drought

Drought is defined, biogeophysically, as water deficits that are carried over in a series of chain mechanisms starting from atmospheric moisture to precipitation, soil moisture and eventually to plant water.

References

National   Drought   Mitigation   Center:   What   is   Drought?
http://drought.unl.edu/DroughtBasics/WhatisDrought.aspx

Shinoda, M.: Land: Proactive Management of Drought and Its Derived Disasters. In R. Shaw and T. Phong eds.: Environment Disaster Linkages. Community, Environment and Disaster Risk Management, Vol. 9, Emerald Publishers, Bingley UK, 61-78, 2012.

このページの先頭へ