no-image

生え際の産毛を太く育毛する方法!手遅れになる前に始めておきたい3ステップ

生え際に産毛がたくさん生えている、このままハゲるの?どうやったら太い毛になるの?と調べている人は多いです。

「生え際に産毛が多いとハゲる!」と言われているので、心配になりますよね。

生え際に産毛がたくさん生えている今なら、効果的な対策に取り組むことで太くてしっかりした毛に育毛することはできます。

私は20代で生え際が後退し始めてきましたが、今では生え際にビッチリと太い毛が生え揃ってハゲを回避できました。

生え際に産毛がたくさんある状態はハゲの危険サインなので、早めに対策することが必要不可欠。

今回は生え際の産毛を太くして、他の毛のようにしっかりとした毛に育毛する方法をまとめました。

生え際に産毛がたくさん生えている理由は大きく分けて2種類

生え際に産毛が増えてしまう原因は、頭皮の血流が悪くなり、髪の成長に必要な栄養素が不足しているからです。

栄養が不足しているから産毛で成長が止まってしまい、いつまでたっても太くなりません。

そのまま放っておいて酷くなれば、産毛がどんどん抜け落ちてしまい、おでこが後退して広くなっていきます。

生え際の産毛を解消するためには、頭皮に必要な栄養を与えて血流を促進して毛根まで栄養を届ける!こと。

これができれば、生え際の産毛は他の毛のように太く成長して、生え際にはびっしりと太い毛が生えそろいます。

では具体的に、生え際の産毛を育毛するためには何をすればよいのでしょうか?

生え際の産毛を太くするための3ステップ

1、育毛剤を使う

毛を太く育毛するためには、育毛剤を使うのが基本です。

育毛剤には厚生労働省が発毛促進や抜け毛の予防に効くと認めている有効成分が含まれています。

お風呂上りの頭皮にシュッシュッと吹きかけるだけで、効果が認められた有効成分が毛根にアプローチして育毛します。

頭皮に直接栄養を与えるわけなので、栄養不足で弱った毛はグングンと強く育っていくのがイメージできるかと思います。

もちろん、1回2回使ってすぐに産毛が太くなるわけではありません。
1か月から3か月程度は使い続けることで、ゆっくりゆっくり成長していくので時間はかかりますよ。

何もせずに放っておけば産毛が増えてデコが上がっていく一方ですが、育毛剤を使っておけば回避できます。
ハゲを心配することもなくなります。

とはいえ、育毛剤は何を選べばよいのかわかりにくいと思います。
今では100種類以上の商品が販売されているので、一つ一つチェックするのは大変ですからね。

次の記事で僕が実際に使って効果を感じられた育毛剤を紹介しています。
育毛剤選びで失敗しないための3つのポイントについても解説しているので、参考にしてみてください。

参考:生え際に効く育毛剤の失敗しない選び方!復活できた最強の1本はコレ!

2、食事やサプリで必要な栄養素を補う

育毛剤で頭皮に直接栄養を与えるのと同時に、食事やサプリメントで内からも栄養を補うことが基本です。

髪の毛は食べたものから作られるので、髪の元となる「タンパク質、ビタミン類、ミネラル類」を不足なく摂りましょう。

タンパク質は、鶏胸肉やささみ、豚肉、魚に豊富に含まれています。
ビタミン類や緑黄色野菜に、ミネラル類は海藻にたくさん含まれています。

これらの栄養素を食事で補うのが難しい場合は、サプリメントを使うのも一つの方法です。

サプリメントなら寝る前に数粒飲むだけで必要な栄養素を手軽に補えます。
忙しくて外食やコンビニ弁当になりがちな場合でも、サプリなら栄養素は取れますからね。

ただ、育毛剤を使わずに食事だけを見直してもそれほど期待できないので気を付けましょう。

育毛剤は頭皮に直接つけるのでダイレクトに毛に作用してくれます。

しかし食事は髪だけではなく全身に満遍なく栄養が行き渡るので、生え際の産毛だけに作用するわけではありません。

あくまでも育毛剤を使ったうえで、食事を意識することを忘れないようにしましょう。

3、頭皮マッサージや運動で血流をよくする

シャンプー中やお風呂上り、仕事の休憩中などに意識的に頭皮マッサージをすることも大切。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動も全身の血流を高めるためには効果的です。

全身や頭皮の血流が悪くなればせっかくの栄養素が毛根まで運ばれにくくなってしまいます。
それでは意味ないですよね。

運動不足気味な人は、歩くだけでも効果がありますし、入浴でも血流は促進されるので意識すれば育毛にも繋がりますよ。

生え際の産毛を放っておかないで早めに対策を

生え際は禿げやすい部位なので、放っておくとおでこは広くなり、M字部分は剃り込みが深くなります。

産毛がたくさん生えていた部分は毛が抜け落ちてツルツルに。
毛根が死滅してしまえば、何をしても二度と毛が生えてくることはありません。

生え際に産毛がたくさん生えている今、しっかりと対策できるかどうかで変わってきます。

もちろん、絶対に育毛剤を使わないといけないわけではありません。
人によっては、そのままハゲても問題ないという人もいるので、選択肢の一つだと思います。

禿げたくないからしっかりと対策をしておきたいという人は、まずは育毛剤を使ってみると良いです。

すでに多くの人が効果を感じている育毛剤を早めに使っておけば、生え際のハゲを心配しなくても良いですからね。

詳しくは次の記事を読んでみてください。
生え際に効く育毛剤について詳しくまとめているので参考にどうぞ。

→ 生え際に効く育毛剤の選び方とお勧めの1本を見る

もったいないと思うのは、「ハゲたくないけど面倒だから何もせずに放置しておく」こと。

しっかりと情報収集をし、ハゲ対策に効果的な選択肢を理解して、今できることに取り組んでいけば、後悔せずにすむと思います。