no-image

生え際が薄い基準を写真付きで解説!正常な生え際の見分け方

「まだハゲていないけど、以前より薄くなった気がする…」と鏡を見て悩んでいませんか。

私自身、生え際のハゲが気になって毎日のように鏡を見ていたので、そのつらい気持ちがよくわかります。
「このまま禿げるのでは…」と不安になりますよね。

生え際のハゲは、いきなりツルツルになるのではなく、毛が細くなったり短くなったりするので気づきにくいです。

でも、生え際ハゲは早めに対処すれば復活することも予防することもできます。

この記事では、実際に生え際の写真を掲載しながら、正常な生え際と薄毛が進行し始めている生え際の違いをできるだけわかりやすくまとめました。

まずは、本当に生え際が薄くなっているのかどうか、確認してみてください。

生え際が薄い基準

次の項目の内、一つでも当てはまるものがあれば、生え際が薄くなったと考えて間違いないでしょう。

  • おでこの皺と生え際の距離が離れている
  • 真ん中に比べてM字部分が薄い
  • 生え際に産毛が増えている
  • 生え際の隙間から地肌が見えている

一つづつ詳しく解説していきます。

おでこの皺と生え際の距離が離れている

正常な生え際は、おでこの皺のすぐ上から毛が生えています。

しかし、生え際が薄くなってしまうとおでこが後退してしまうため、おでこの皺との距離が広くなってしまいます。

もちろん、おでこの皺と生え際の距離には個人差があるものの、3㎝以上離れていればハゲが進行している恐れがあります。

おでこの皺と生え際の距離をまずは測定してみるとわかりやすいです。

生え際の真ん中に比べてM字部分が薄い

生え際はM字の剃り込み部分が一番薄くなりやすく、生え際の真ん中部分は薄くなりにくいです。

前髪をかき上げて、M字の剃り込み部分が真ん中よりも後退していたらハゲのサインです。

人によっては生まれつきM字っぽい人もいますが、産毛が生えているかどうかでわかるかと思います。

生まれつきM字ッぽい人は産毛がほとんど生えていません。
一方、ハゲの進行によってM字になっている場合、細い毛や産毛がたくさん生えているはずです。

これはハゲの進行によって健康的な毛が弱っている証拠なので、そのまま放置してしまうとM字ハゲがどんどん酷くなります。

生え際に産毛が増えている

上と同じですが、M字部分に限らず生え際に産毛がたくさん生えているのはハゲが進行しているサインです。

男のハゲはいきなりツルツルになるのではなく、毛が短く細くなっていくのが第一段階。
成長が途中でストップすることによって、ハゲが進行すると産毛が増えてしまうのです。

第二段階になるとそれらの産毛が抜け落ちて毛は生えてこなくなります。
ここまで進行してしまうと、復活するのは難しいため、生え際に産毛が多い段階で対処しておくのがベストです。

生え際の隙間から地肌が見えている

先ほども書いた通り、男のハゲはいきなりツルツルになるわけではありません。
毛1本1本が細くなってしまうため、その結果地肌が透けるようになってしまいます。

以前は気にならなかったのに地肌が透けるようになってきた場合、ハゲが進行している恐れがあります。

そのまま放っておくと、細くなった毛が抜け落ちて完全なハゲになってしまうのです。

生え際が薄いかどうかは、これらの基準(ポイント)を確認することで見分けやすいです。

これらを踏まえたうえで、次からは実際の頭髪の写真を見ながら生え際の薄い基準を確認していきます。

【写真付き】生え際が薄い基準を解説

ここからは写真付きで生え際が薄いかどうかを解説していきます。
はじめに正常な生え際を紹介しつつ、生え際が薄くなってきている写真を紹介しながら解説していきます。

正常な生え際


引用元:教えてgoo

こちらは健康的な正常な生え際です。
ポイントは、生え際部分がビッシリト生えそろっていること、まっすぐM字部分も後退していないことです。


引用元:ヤフー知恵袋

コチラの生え際も上記と同じく健康的な正常な生え際です。
生え際部分に産毛のような細い毛はなく、黒くて太い毛がビッシリと生えそろっています。

生え際が薄くなってきている(初期)


引用元:ヤフー知恵袋

生え際部分に細くなった毛がヒョロヒョロと生えているのがわかります。
この状態は、薄毛が進行し始めている初期の可能性が高いです。

周りの毛と比べると明らかに細くなっているので、ヘアサイクルが乱れてきている恐れがありますね。


引用元:ヤフー知恵袋

生え際部分に産毛のような細くて短い毛があるのがわかると思います。
周りの毛と比べると明らかに細くなっているため、薄毛が進行し始めている可能性はあるでしょう。

生え際が薄いのを放っておくとハゲは酷くなる

生え際が薄いと少しでも感じたら、放置するのが一番よくないです。

生え際の画像を見てきた通り、まだ初期の段階なら毛が細くなって「ちょっと薄いかな?」という程度です。

この時点で早めにケアしておけば、それほどひどくなるのを回避することだってできます。

しかし、生え際が薄いのを放置してしまうと、数か月後、数年後にはM字部分に毛がなくなりツルツルになってしまうことは珍しくありません。

男のハゲは進行するのが特徴なので、放置すればするほどハゲは酷くなっていくというわけです。
これはホルモンによる影響なのでどうすることもできません。

大事なことは、薄い!?と気になったら1日でも早く効果的な対策を行うということ。

正直、ハゲが酷くなってからでは改善するために費用も時間もたくさん必要になります。

病院に行って治療する方法もありますが、30万円から50万円の費用が必要になるので、だれでも手軽にできるわけではないですよ。

そうなる前に、まずはできることから始めていくことが大切です。

生え際の薄いを改善する方法

生え際が薄い!?と感じたら効果的な対策に取り組む必要があります。

具体的には「育毛剤を使う」「病院での治療を受ける」の2つしか選択肢はありません。

残念ながらシャンプーや食生活の見直し、ストレス解消だけでハゲが治るほど簡単なものではないのです。
(簡単に治ったら今頃ハゲで悩んでいる人はいないですからね)

とはいえ、効果的な対策を1日でも早く取り組めば生え際を復活させることはできます。
これ以上酷くならないよう抜け毛の予防をすることも可能です。

生え際の改善に効果的な方法については、「生え際の改善方法を具体的に書く!復活させるためにやっておくべき3つのこと」で詳しくまとめています。

今回の記事を見て「ヤバイ」と少しでも感じたのなら、1日でも早く対策を始めていきましょう。

参考:生え際の改善方法を具体的に書く!復活させるためにやっておくべき3つのこと